NSエコパイル®回転圧入鋼管杭工法

無排土施工を実現した、経済性に優れ、環境に優しい工法です。先端羽根の効果により大きな鉛直支持力、引き抜き耐力を発揮します!!

「NSエコパイル」は新日鉄住金エンジニアリング株式会社が開発した、画期的な工法です。
鋼管先端に螺旋状の羽根を溶接した鋼管杭です。
施工は、全旋回機等で鋼管を回転圧入することで無排土、低騒音、低振動による施工を可能としました。
また、杭を逆回転させることで容易に引く抜くことが可能です。

4つの特長

特長1 無排土 泥水・残土の発生しない無排土施工を実現。
特長2 低騒音・低振動 回転圧入工法により低騒音・低振動施工を実現。
特長3 汎用機械で施工可能 3点支持式杭打機、全周回転機など汎用機による施工が可能。
特長4 引き抜き可能 杭を逆回転させることにより引き抜き撤去が可能。
仮設工事に有効。

適用範囲

適用範囲
適用地盤 先端地盤は砂質地盤または礫質地盤であり、N値が15以上である地盤。
杭径(Dp) 杭の軸径はΦ100mm~Φ1,600mm。
羽根径(Dw) 杭径(Dp)の1.5倍~2.5倍。
(ただし、Dw=2,400mmを上限とす
最大施工深さ 70m以下かつ130Dp以下。

施工風景

  • 施工風景
  • 施工風景
  • 施工風景

施工フロー

Step 1 事前調査

地盤調査、環境調査、工事実績など

Step 2 施工計画作成

施工機械選定、補助工法選定、施工工程、安全管理

Step 3 準備工

施工ヤードの整備(整地、改良)
施工機械組み立て、施工設備設置

Step 4 試験杭施工

施工データ測定(回転負荷、施工速度)
補助工法の要否検討(障害物撤去ほか)

Step 5 支持層管理指標の挙動把握

設計支持層確認のための管理指標変化値検討
打止め方法の決定(根入れ長、回転トルク)

Step 6 杭打機セット

水平、鉛直、足場の確認

Step 7 NSエコパイル建込み

クレーンによる吊り込み
回転キャップ or 鋼管チャックにセット

Step 8 杭芯・鉛直度管理

杭芯:逃げポイントからの測量管理
鉛直度:トランシットで2方向からの測量

Step 9 下杭回転貫入

杭芯、鉛直度の継続的管理と修正

Step 10 継手施工、回転貫入

鉛直度の確認後、継手施工及び検査
回転トルク制限値管理

Step 11 支持層確認

支持層管理指標と深度の測定・確認
地盤調査結果との照合と評価

Step 12 打止め管理・打止め

打止め根入れ長 or 回転負荷トルク値確認

施工フロー