大亜ソイルの強み

環境に優しく、経済性に優れた施工で、あらゆる構造物を確実に支持できる基礎杭を築造します。

環境に優しく、経済性に優れた施工で、あらゆる構造物を確実に支持できる基礎杭を築造します。

大亜ソイル株式会社は、創業40年にわたり、あらゆる構造物の基礎となる基礎工事・杭工事を手がけています。
近年、土木・建築などの構造物の大型化や高層化がめざましく、それを支える基礎には、いかなる地盤条件下でも確実に支持地盤に築造できる施工精度と安全性が求められています。また一方では、騒音や振動、その他の作業環境の改善などが強く要請されています。このようなご要望に応えるため、当社では安全で安心な街づくりをサポートする各種「基礎杭工法」を新しい発想で開発してまいりました。
大亜ソイルは、構造物を安全かつ確実に支持する基礎杭を施工するため、特許工法を含めた様々な工法を駆使し、杭施工品質の向上に努めて参ります。基礎工事・杭工事をご検討の際は、ぜひお気軽にご相談ください。

特長1 主要な営業種目 経済性・耐震性に優れています

当社では、アースドリル式拡底杭工法(HND工法)及びSTBC-SR II場所打ち鋼管コンクリート杭工法を主要な営業種目として杭工事を手がけています。
HND工法は、コンクリート強度を高め、拡底率を大きくすることで、軸部径が従来より細くても同等の支持力が得られます。コンクリート量や掘削土量・安定液量を削減し、経済的な杭施工が可能です。またSTBC-SR II工法では、鋼管を用い、杭頭部など大きな曲げモーメントやせん断力の作用する部分を強化します。大きな曲げ抵抗と保有耐力を確保し、耐震性能に優れた杭を築造します。なお上記工法は(財)日本建築センターの評定を取得しており、信頼を得ています。

特長2 コンクリート数量の抑制・品質確保 大亜ソイルの特許技術「レゾフォンピア工法」

「レゾフォンピア工法」は、大亜ソイルが独自に開発した工法です。透水性化学繊維(ポリエチレン製)のネットを使用することにより、コンクリートへの土砂の巻き込みを防ぎ、安全に杭を構築することができます。
軟弱地盤におけるコンクリートの打設数量の抑制や、伏流水によるコンクリート品質劣化の防止に効果を発揮します。経済的で高品質を維持できる工法として、公共工事・民間工事ともに数多くの実績があります。また、部分使用も可能なため、利用範囲が幅広く、アースドリルやオールケーシングなどの様々な工法に活用されています。

詳細はこちら

特長3 豊富な実績と経験 地盤に最適な工法をご提案いたします

当社は、40年の豊富な施工実績を活かし、当該現場の地盤に最適な杭工法をご提案いたします。低コストかつ高品質の杭施工を追求し、安全面や環境面に対する配慮も怠らず、お客様のご要望一つひとつにお応えしてまいります。